Vision & Message

データは可視化から「価値化」の時代へ。ソフトバンクの「IoTソリューション」についてご紹介いたします。

はるか先の景色を「目の前」に。

ソフトバンクは、IoTソリューションに必要なセンサーネットワークの構築から、通信回線・通信機器の調達、データ収集および分析、さらに機器ネットワークの保守管理やコールセンター業務まで、ワンストップでサポート提供いたします。
IoTソリューションのサービスを利用する際の膨大な手間と初期投資を大幅に抑え保守運用などのランニングコストや手間を軽減するとともに、スピーディな導入を実現します。
IoTのサービスプラットフォーマーとして、IoTの分野でも圧倒的なNo.1を情熱的に追求いたします。

Business case

業務のプロセスが変わる。ビジネスモデルすら変革する。IoTで実現した事例にはこれまでの常識を覆す驚きに溢れています。お客さま企業との取り組みの元に加速度を高める実例をご紹介します。

Our value

Our value

ひとつの領域の専門性だけでは完結しない。IoTの特殊性を理解し、トータルかつエコシステムの構築をベースにソリューションを開発する「視点」が私たちの強みです。

ソフトバンクのトータルIoTソリューション

Client User needsニーズの顕在化 IoT solutionサービスの提供 ソフトバンク サービスパートナー プラットフォームパートナー デバイスパートナー ソフトバンクIoTパートナーシップ

活用シーン

このようなニーズにお応えします

ユーザ体験を革新 人のリアクション(感情)により制御を変える

例えば、このように!

Scroll

機器・設備利用により発せられる人の声など
生体データを収集します

「通信」SoftBank LTE IP-VPN データ収集 「感情」機器(サービス)を利用していて発する言葉、感情 「作業状況」感情を受け止めた際の機器の作動内容 自動車、おもちゃ、マッサージチェア、住宅・設備

生体データを感情認識エンジンで解析
その時の「人の感情」を解釈します

「通信」SoftBank LTE IP-VPN データ収集 「感情」機器(サービス)を利用していて発する言葉、感情 「作業状況」感情を受け止めた際の機器の作動内容 クラウドCloud 「人の感情を認識」感情認識エンジン

感情に応じ機器を制御したり、
ユーザにメッセージを送ります

「通信」SoftBank LTE IP-VPN データ収集 「感情」機器(サービス)を利用していて発する言葉、感情 「作業状況」感情を受け止めた際の機器の作動内容 「自動制御」気持ちに応じ、もみ方を変えるマッサージチェア 「コミュニケーション」自動車

機器利用中にユーザが発する感情や反応を読み取り、
どう動くことを求めているかを機器自身が理解することにより…

期待できる成果 設定変更などの調整操作を人間側で行うことなく、気の利いた機器の利用体験を享受できます 機器が、人とコミュニケーションしているように振る舞い、機器に愛着を感じられる契機となります

SoftBankがサポートします

ユーザ体験を革新 人のリアクション(感情)により制御を変える

AI・感情エンジン

  • AI・感情エンジンの紹介
閉じる 活用シーン
を閉じる

このようなニーズにお応えします

データ可視化 まずは自社が顧客に提供している機器のデータを収集し、可視化するところから始めたい IoTへの第一歩 IoTを本格導入する前に、手早く、開発も最低限に試してみたい

例えば、このように!

Scroll

タイヤに取り付けたセンサーから定期的に空気圧を取得します

「センサー」空気圧:定期的にタイヤの空気圧を検知。

センシングデータはモバイルネットワークで収集します

「通信」SoftBank LTE IP-VPN 「データ収集」

任意のデバイスから可視化された
データを確認します

「通信」SoftBank LTE IP-VPN 「データ収集」センサー 空気圧:定期的のタイヤの空気圧を検知。→クラウドCloud→「データの可視化」Webから空気圧にの確認、異常値検出時のアラート

利用状況を、遠隔かつリアルタイムで監視し
トラブルの予防保全を行うことで…

期待できる成果 ・顧客へのさらなる安全性を提供、・管理のためのコスト削減、 ・最適時期に円滑な製品交換

SoftBankがサポートします

データ可視化 まずは自社が顧客に提供している機器のデータを収集し、可視化するところから始めたい IoTへの第一歩 IoTを本格導入する前に、手早く、開発も最低限に試してみたい

  • IoTスターターキットの紹介
  • IoTスターターキットの活用事例
閉じる 活用シーン
を閉じる

このようなニーズにお応えします

コスト削減 メンテナンスにかかる緊急コストを削減したい サービス全体の最適化 

例えば、このように!

Scroll

オフィスビル・工場内にて
稼働する機器、および環境データを収集します

センサー 「空調機器」天候情報、温度・湿度、CO2濃度、作業時間、設定温度・風量 「生産設備(蓄電池など)」稼働時間、筐体温度、異常動作、動作停止・障害、パフォーマンス劣化情報

蓄積されたデータを統計情報として可視化します

「通信」Softbank LTE IP-VPN 「データ収集」センサー 「空調機器」天候情報、温度・湿度、CO2濃度、作業時間、設定温度・風量 「生産設備(蓄電池など)」稼働時間、筐体温度、異常動作、動作停止・障害、パフォーマンス劣化情報→クラウドCloud→「データの可視化」捨てていたデータの蓄積 統計情報としての可視化

メンテナンス需要を先読み、
最適なメンテナンスサイクルを構築します

「通信」Softbank LTE IP-VPN 「データ収集」センサー 「空調機器」天候情報、温度・湿度、CO2濃度、作業時間、設定温度・風量 「生産設備(蓄電池など)」稼働時間、筐体温度、異常動作、動作停止・障害、パフォーマンス劣化情報→クラウドCloud→「データの可視化」捨てていたデータの蓄積 統計情報としての可視化→分析「データの価値化」環境・状況に合わせた最適なパフォーマンスへ機器を自動調整 故障・緊急対応の「予測」→最適化 効果「予防保全」「コストダウン」Before導入前 緊急対応コスト 定期メンテナンスコスト After導入後 予防保全コスト(昼間)(夜間)

データ統計・分析により需要を先読み。
コストがかかる作業を未然に防ぐ事により…

期待できる成果→突発的に発生していた緊急対応がゼロになります。 リソースのゆとりで定期メンテナンスを手厚く、トータルコストを削減します。

SoftBankがサポートします

コスト削減 メンテナンスにかかる緊急コストを削減したい サービス全体の最適化 

PREDIX

  • Predixの紹介
  • Predixの活用事例
閉じる 活用シーン
を閉じる

このようなニーズにお応えします

車両活用のコストダウン 車両を活用するビジネスシーンのあらゆるコストを削減したい IoTの本格導入 IoTの本格導入により、ビジネスインパクトを最大化したい

例えば、このように!

Scroll

ハンドル・カメラ・ミラーなどに
取り付けたセンサーからデータを取得します

「センサー」操作情報(加速度・操舵):危険運転をしていないか カメラ:ドライブレコーダー GPS:どのルートを通っているか

センサーによって得られた各種データを
モバイルネットワークで収集します

「通信」Softbank LTE IP-VPN 「データ収集」

任意のデバイスから可視化された
データを確認します

「通信」Softbank LTE IP-VPN 「データ収集」 「センサー」操作情報(加速度・操舵):危険運転をしていないか カメラ:ドライブレコーダー GPS:どのルートを通っているか→クラウドCloud→「データの可視化」ルート/時間効率 危険運転車両の特定 事故発生状況

収集データより、ルートや時間帯ごとの効率や
危険運転・事故発生状況を可視化することで…

期待できる成果→ドライバー教育・運転品質の向上 快適ルートの提示によるコストダウン 事故時のマネジメント

SoftBankがサポートします

「車両管理以外にも応用可能!」車両活用のコストダウン 車両をビジネスとするビジネスシーンのあらゆるコストを削減したい IoTの本格導入 IoTの本格導入により、ビジネスインパクトを最大化したい

aeris

  • Aerisの紹介
閉じる 活用シーン
を閉じる

このようなニーズにお応えします

アサイン業務のスピードアップ 作業員の需要予測、アサインの最適化を行いたい 業務品質の平準化 担当するスタッフの属人性に依存しないアサイン業務環境を構築したい

例えば、このように!

Scroll

リソース情報のデータをデータベースに格納します

人的リソース 作業員のスキルレベル 稼働状況 稼働可能エリア・期間→データ収集

アサイン担当者の端末から稼働状況が一目瞭然に!

人的リソース 作業員のスキルレベル 稼働状況 稼働可能エリア・期間→DB→クラウドCloud→「データの可視化」稼働の傾向 作業員の忙閑 実績・経験の状況

自動的に各現場の状況と作業内容を分析し、
人員配置を最適化します

「アサイン交渉・調整の省略化」作業員の自動選定・現場配置クラウドCloud 「アサイン担当」現有案件の入力 ・作業の難易度 ・作業対象の製品/サービス ・作業場所/納期→「作業現場」最適化 + データの分析→・リードタイムの圧縮 ・作業品質の最適化 ・トータルコストの削減

アサイン担当者の勘や経験に依存しないマッチング環境の
構築と、作業員アサインにかかる時間の大幅削減で…

期待できる成果→リソースの有効活用 作業完了までの時間短縮化 コスト効率の改善

SoftBankがサポートします

アサイン業務のスピードアップ 作業員の需要予測、アサインの最適化を行いたい 業務品質の平準化 担当するスタッフの属人性に依存しないアサイン業務環境を構築したい

PREDIX

  • Predixの紹介
  • Predixの活用事例
閉じる 活用シーン
を閉じる
Service

Service

IoTスターターキット
Aeris
Predix
AI・感情エンジン
デザインプログラム

いち早くIoTを実感いただくために

・社会合意形成の難しさ(IoTって実際何ができるの?社会に理解させるのは難しい) ・導入までの敷居の高さ(本格導入には時間も費用も結構かかってしまうのでは?) IoTスターターキットなら

あらゆるセンサーから収集されるデータを、簡単に見える化できます。お客様の手間とコストを最小限に抑え、IoTサービスを開始することができます。

最短距離でIoTをスタートするために考えたソリューション

開発不要(機器データを簡単にIoTアプリケーションが認識できる形に変換します。アプリケーション開発が不要なため、短期間でサービス開始ができます。)→ 使いやすいGUI(アプリ画面は複数のテンプレートをご用意。レイアウト変更などの複雑な設定なしで、簡単にデータを見える化します。) →月額利用料金500円~(税抜き) 本サービスはソフトバンク3G・4Gの回線契約に付帯するオプションとしてご提供いたします。 ・1つのIoTゲートウェイにつき接続可能なお客様機器(センサーなど)は標準価格では3台までです。 ・センサーなどの機器、IoTゲートウェイ、モバイル通信料金は含まれません。

新しい可能性への挑戦が続々と始まっています

例えば、機器の移動管理に

  • 活用シーンはこちら
  • 活用事例はこちら
閉じる 閉じる

“動くモノ”x IoTで マネジメントに変革を
(例えば業務車両管理)

車両マネジメントコストの効率化(ルーティングをデータに基づき最適化することで、コストダウンを図りたい。) ドライバー教育・リスク軽減(ドライバーの操舵・ブレーキング・運転速度などを監視し、危険運転の防止装置) Aerisなら

フリートマネジメント、動態管理など、さまざまな“動くモノ”にIoTサービスを提供します。

属人性の高い“動くモノ”のデータを可視化し、
ナレッジとして価値化する

車載機から取得する車両データ・GPS情報-Network 顧客システム連携 外部データ連携-API →データ蓄積・分析 →リアル車両監視(・危険運転 ・Geofence) 移動履歴管理(・移動経路 ・目的地 ・中継地) 業務効率化(・経過時間 ・ステータス管理 ・最適ルート検索) ドライバー教育・運転品質向上 事故発生時の状況確認・分析 ルート、時間効率の最適化

PC、スマホなどお手元の端末のダッシュボードで確認 アラート配信

新しい可能性への挑戦が続々と始まっています

メーカー

メーカー
コネクテッド化された商品
差別化 / 新しいビジネスモデル

リース / レンタル 金融など

リース / レンタル
金融など
契約の増加と
リスクの低減

販売店 / ディストリビューター

販売店 /
ディストリビューター
新たな付加サービス
メンテナンス効率化

オペレーター 機器の利用者

オペレーター
機器の利用者
オペレーションの効率化
付加サービスの利用

例えば、車両管理に

活用シーンはこちら

閉じる 閉じる

インダストリアルIoTで生産性を向上

コスト削減(稼働の効率化により消費電力を抑制し、 コストの削減を追求したい) 生産性向上(高度な分析を行うことで、年間の生産量を最大化したい) リスク軽減(ダウンタイムの減少などオペレーションを最適化し、リスクを軽減したい) Predixなら

生産工程における、あらゆるモノ・コトをデジタル化し、圧倒的な生産性と製造工程の最適化を実現します。

あらゆるプロセスを“サービス価値”に転換する、
IoTソリューション

様々なお客様に向き合ってきたノウハウ(M2M通信ネットワークをはじめ、IoTに欠かせないクラウド上のプラットフォームやアプリケーション構築の豊富な経験とノウハウ 世界の優良企業との提携のもと、いち早く日本国内へインフラやソリューションを提供する「End to Endソリューションプロバイダー」というスタイル) お客様視点重視のコンサルティング(綿密かつ多岐に渡るヒアリング→拡散思考で生成する多数のアイディア・仮説→仮説の絞り込みとイメージの具体化→データの蓄積と精度の向上) Predixの活用で

コスト削減(業務効率化を図ることで、事業費の削減および利益の向上を実現します。)→生産性向上(高度な分析を行うことで、年間の生産量を最大化し、市場への進出を加速させます。)→リスク軽減(業務オペレーションを最適化・自動化することで、事業上と財務上のリスクを軽減します。)→信頼性向上(オープンなネットワークの構築により、信頼性を向上させます。)→コスト削減...

新しい可能性への挑戦が続々と始まっています

例えば「機器パフォーマンスの最適化」や「人的リソースの最適化」に

  • 活用シーンはこちら
  • 活用事例はこちら
閉じる 閉じる

感情を読み取り→新しいユーザー体験

ユーザーをアシスト(人が持つ感情に応じて、モノや機器に新しいユーザ体験を) AI・感情エンジンなら

ユーザの感情や反応を理解することで、モノとユーザーに新しいコミュニケーションを実現します。

独自の「感情生成エンジン」で、
モノに“こころ”をもたせる

あなたにもこんな経験ありますよね?!

感情生成エンジンの仕組みを例えると… 良いことをして、褒められてうれしかった!→またやろう!

1.アクション(お手伝いをする、テストで良い点を取る)→2.アクションへのフィードバック(感謝される、褒められる)→3.感情の生成(嬉しい、気持ち良いなどの感情が生まれる)→4.学習(テストで良い点を取るなど、情報と感情を紐付け)→1.アクション...

感情生成エンジンは、モノに新たな可能性を与えます

場所

モノ

分類 ユーザーが得られる価値
生活スペース 生活者の感情に合わせて照明や空調を制御
店舗 お客さまの感情を認識することで
それぞれのお客さまに対して適切なアプローチ
オフィス 従業員の感情を読み取り、メンタルヘルスチェック
ドライバーの感情にあわせ寄り添う
自販機 消費者の好みに合った商品をリコメンド
家電製品 ユーザーの感情を読み取り作動

機能(モノ自らの動作に応じた、ユーザーの反応・感情をモノが認識・理解する)→役割(認識・理解を繰り返し、ユーザーをアシストしたり、寄り添ったりする)

あらゆるモノが、気持ちを理解する「パートナー」になる時代へ

新しい可能性への挑戦が続々と始まっています

「感情エンジン」で新しい世界を

活用シーンはこちら

閉じる 閉じる

貴社の新ビジネスに、創出から事業化まで
パートナーとして 並走 する 共創サービス

チャンスの発見(ビジネス課題の本質、問題解決の糸口を見つけたい。)→アイディアの実現(実行可能性を見据えた開発を加速させたい。) デザインプログラムなら

エンドユーザ目線で発想し実証実験を重ね従来型の事業開発にブレークスルーをもたらします。

サービス概要

イノベーションを生む多様性あるチームによる共創

貴社の新規事業の創出に並走します 貴社:決裁者(リーダー)経営企画、営業、R&D、マーケティング ・新市場に飛び込む決断力 ・事業化まで走り抜く熱意 ・関係者を巻き込む推進力「新規事業」 SoftBank:コンサル営業 ・国内外グループ ・豊富な事業開発経験 ・多様な法人個人客 ・通信インフラ デザインファーム:デザイナー ・ファシリテーション ・デザインコンサル ・リサーチ ・プロトタイプ → ユーザー起点 デザイン思考 人間中心設計(HCD)

デザイン思考とは

デザインプログラムに関する お問い合わせはこちら

共創ワークショップについて

共創ワークショップは、複数社合同の無料体験会です。
東京・大阪などにて定期開催しており、デザインプログラムの一部を「多様なメンバーでの共創」を体験できます。
ソフトバンク株式会社とデザインファームが運営・ファシリテートいたします。

  • ソフトバンク営業+お客様(1チーム)

    ソフトバンク営業+お客様(1チーム)

  • 異業種混合ワールドカフェ

    異業種混合ワールドカフェ

  • アイディアプレゼン

    アイディアプレゼン

共創ワークショップへの 参加お申込みはこちら

人間中心に考え
既存事業の枠を超えた創出を実行

(1)企業ではなく人間中心のアプローチ

企業中心のアプローチ

既存事業とのシナジーだ! ・データ ・技術 ・グループ会社etc...→(今あるリソースありきで仮説を作り検証)使わない機能ばかり...これは特にほしくない

人間中心のアプローチ

そう!これが欲しかったんだ!(共感をもって観察→idea→プロト提示)事業領域拡大!売上向上! デザイン思考 HCD(人間中心設計)、UXデザイン

※デザイン思考とは

人間中心のアプローチの導入により...→顧客に新しい体験を提供できる ファン増加・ブランド価値向上を実現できる / 全く新しい市場の開拓へ!長期的な収入源確保へ!

(2)維持への投資から、変化への投資へ

守りのIT投資(日本)・プライベートクラウド導入のため ・定期的なシステム更新サイクル ・未IT化業務プロセスのIT化のため ・ITによる業務効率化/コスト削減 ・法規制対応のため ・売上が増えているから・利益が増えているから ・会社規模が拡大したため 攻めのIT投資(米国) ・モバイルテクノロジーへの投資 ・市場や顧客の変化への迅速な対応 ・新たな技術/製品/サービス利用 ・ITを活用したビジネスモデルの変革 ・ITによる製品/サービス開発強化 ・ITによる顧客行動/市場の分析強化 ・事業内容/製品ライン拡大による コストダウン<売上拡大(デザインプログラムは「攻め」を推奨) (出典)一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)、IDC Japan(株)「ITを活用した経営に対する日米企業の相違分析」調査結果(2013年10月)http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h28/html/nc112210.html

参考:デザイン思考とは

出典:一般社団法人デザイン思考研究所

閉じる 閉じる
Device

Device

お客さま企業のビジネスニーズに合わせた、多様なデバイスをご用意しております。

モジュール・通信BOX一覧へ
モジュール・通信BOX一覧へ
Topics

Topics

  • Vision	&Message
  • Business Case
  • Our Value
  • Service
  • Network
  • Device
  • Topics