IBM Watson

IBM Watson

IBM Watsonは、米IBM社が開発した認識、学習、そして経験によって人が世界を理解するような方法を手がかりにした、コグニティブ(認知)・コンピューティング能力を世界で初めて商用化したサービスです。今までITの分野で活用できていなかった画像や言語、音声などの非構造化データを活用し、人の意思決定を支援します。

NEWS

AI creation

IBM Watson コンテンツメニュー

よくあるご質問・お問い合わせ

ソフトバンクとAI

ソフトバンクとAI

ソフトバンクは、これからの時代に挑むため、「IoT」「AI(人工知能)」「スマートロボット」の3つに注力していきます。今後、世界人口の何十倍にも増えていくと予想されている無数のIoTデバイス。それらから集まるビッグデータが、AIやスマートロボットとリアルタイムにつながることで、新しいビジネスが生まれ、人々のライフスタイルが変わり、やがて人間の役割までもが大きく変化ていくと言われています。ソフトバンクは「情報革命で人々を幸せに」という経営理念のもと、最先端テクノロジーがこれまでにない新しい付加価値をお客さまに提供するものであると同時に、人と社会に安全と快適さをもたらし、明るい未来を実現するものでなければならないと考えています。IBM Watson日本語版の提供は、「人間を支援する」という明確な目的意識を設計思想の中心としているIBM社の理念との共鳴からスタートしています。

IBM Watsonにおける、ソフトバンクとIBMの戦略的な提携

IBM Watsonにおける、ソフトバンクとIBMの戦略的な提携

2015年2月、日本アイ・ビー・エム株式会社とソフトバンクは、IBM Watsonの開発と日本市場導入における 戦略的な提携に合意しました。現在両社がOne TeamとなりIBM Watsonの推進を行っています。これによって 人とコンピューターのより自然な関係を創り出す「コグニティブ・コンピューティング」の普及を加速し、 日本の社会とビジネスに新しい変革をもたらします。

WEBマガジン「Future Stride」トピックス

お問い合わせ

障害・メンテナンス情報

本サービスの障害情報およびメンテナンス情報を確認できます。

関連導入事例

    IBM Watson ソフトバンク

    IBM Watsonは、米IBM社が開発した認識、学習、そして経験によって人が世界を理解するような方法を手がかりにした、コグニティブ(認知)・コンピューティング能力を世界で初めて商用化したサービスです。今までITの分野で活用できていなかった画像や言語、音声などの非構造化データを活用し、人の意思決定を支援します。