沿革

1986年 - 1990年

1984年10月 旧 日本テレコム(株)創立
1986年12月 鉄道通信(株)設立
1989年5月 鉄道通信(株)が旧 日本テレコム(株)を合併し、日本テレコム(株)に社名変更

1991年 - 2000年

1991年7月
(株)東京デジタルホン設立(以降デジタルホン2社、デジタルツーカー6社が順次設立)
1994年4月
(株)東京デジタルホンが第2世代携帯電話サービスの提供を開始(以降デジタルホン2社、デジタルツーカー6社がサービス順次開始)
1994年7月
(株)DDIポケット企画設立
1995年10月
(株)DDIポケットが全国でPHSサービス開始
1997年11月
デジタルホングル―プが日本初 ※1 の携帯電話単体でのEメール送受信を実現
1998年11月
日本テレコム(株)が(株)IMT-2000企画設立
デジタルホングループが、携帯電話初 ※1 の着信メロディ配信サービス「スカイメロディ」を開始
1999年10月
デジタルホン、デジタルツーカー各社がJ-フォンに社名変更
1999年11月
イー・アクセス(株)設立
2000年4月
(株)IMT2000企画がJ-フォン(株)に社名変更
2000年5月
J-フォン(株)が、J-フォングループの持株会社に移行
ビー・ビー・テクノロジー(株)設立
2000年10月
合併により、J-フォン東日本、J-フォン東海、J-フォン西日本の全国3社(事業会社)体制へ
J-フォングループが日本初 ※1 携帯電話向けエリア別情報配信サービス「ステーション」を開始
イー・アクセス(株)がADSL商用サービスを開始
2000年11月
J-フォングループが携帯電話初 ※1 モバイルカメラ搭載携帯電話「J-SH04」を発売

2001年 - 2010年

2001年9月
ビー・ビー・テクノロジー(株)がブロードバンド総合サービス「Yahoo! BB」の提供を開始
2001年10月
J-フォングループが、英国Vodafone Group Plc傘下へ
2001年11月
持株会社のJ-フォン(株)がJ-フォン東日本、J-フォン東海、J-フォン西日本を合併し、J-フォン(株)へ
2002年4月
ビー・ビー・テクノロジー(株)がIP電話サービス「BBフォン」の提供を開始
ビー・ビー・テクノロジー(株)が無線による超高速インターネット接続サービス「Yahoo! BBモバイル」の本格的実証実験を開始
2002年8月
日本テレコム(株)が日本テレコムホールディングス(株)に社名変更し、純粋持株会社に移行
J-フォン(株)が世界初 ※1 QRコード読み取り機能搭載の携帯電話「J-SH09」を発売
2002年12月
J-フォン(株)が世界初 ※1 3GPP準拠のW-CDMA方式の第3世代携帯電話サービスを開始
2003年1月
ビー・ビー・テクノロジー(株)、ソフトバンク ネットワークス(株)、ソフトバンク・イーシーホールディングス(株)、ソフトバンク・コマース(株)の4社合併によりソフトバンクBB(株)設立
2003年7月
ソフトバンクBB(株)が産業界交流の場の提供およびブロードバンドの普及・啓蒙活動を行う目的でブロードバンド推進協議会を設立
2003年10月
J-フォン(株)が旧 ボーダフォン(株)に社名変更
2003年11月
ソフトバンクBB(株)がデジタルデバイド(地理的情報格差)解消に向けた取り組みの一環として、東京都八丈島で「Yahoo! BB」のサービス提供を決定
2003年12月
日本テレコムホールディングス(株)がボーダフォンホールディングス(株)に社名変更
旧 ボーダフォン(株)が日本初 ※1 地上アナログテレビチューナー搭載の携帯電話「V601N」を発売
ソフトバンクBB(株)が「050番号」を利用した「BBフォン」サービスの提供を開始
2004年1月
ソフトバンクBB(株)のお客さま情報にかかわる恐喝未遂事件が発生
2004年3月
ソフトバンクBB(株)が個人情報管理諮問委員会および技術諮問委員会を設置
2004年7月
日本テレコム(株)がソフトバンクグループ傘下へ
2004年10月
ボーダフォンホールディングス(株)と旧 ボーダフォン(株)が合併し、ボーダフォン(株)に社名変更
ソフトバンクBB(株)とヤフー(株)が共同で提供する光ファイバーを利用した新ブロードバンド総合サービス「Yahoo! BB 光」の開始を発表
ソフトバンクBB(株)が新イメージキャラクターに上戸 彩さんを起用
ソフトバンクBB(株)が総務省の「800MHz帯におけるIMT-2000周波数の割当方針案」の実施差し止めなどを求めて訴訟を提起
2004年12月
ボーダフォン(株)が日本初 ※1 海外でも携帯電話のTV電話機能を利用できる「国際ローミングTVコール」を開始
日本テレコム(株)が直収型新固定電話サービス「おとくライン」の提供を開始
2005年1月
イー・モバイル(株)設立
2005年2月
ボーダフォン(株)が世界初 ※1 携帯電話本体の傾きや動きを感知する「モーションコントロールセンサー」搭載の携帯電話「V603SH」を発売
2005年4月
BBモバイル(株)が総務省より1.7GHz帯における実験局本免許を取得
2005年5月
BBモバイル(株)が総務省より1.7GHz帯におけるW-CDMA実験局本免許を取得し同方式による実証実験を開始
2005年11月
ボーダフォン(株)が携帯電話初 ※1 指定した相手先との通話・メールがし放題になる「LOVE定額」の提供を開始
2006年4月
ボーダフォン(株)がソフトバンクグループ傘下へ
2006年5月
ボーダフォン(株)がワンセグ対応のAQUOS®ケータイ1stモデル「Vodafone 905SH」を発売
2006年9月
ボーダフォン(株)が携帯電話の割賦販売を開始(スーパーボーナス) ※2
2006年10月
ソフトバンクモバイル(株)に社名(商号)を変更、ブランド名を「ソフトバンク」に変更
日本テレコム(株)からソフトバンクテレコム(株)へ社名(商号)を変更
2007年1月
携帯電話向け新料金プラン「ホワイトプラン」の提供を開始
2007年2月
携帯電話初 ※1 全20色から選べるPANTONE®ケータイ「SoftBank 812SH」を発売
2007年3月
ホワイトプラン専用割引サービス「Wホワイト」の提供を開始
イー・モバイル(株)が、東京23区、名古屋市、京都市、大阪市で「EMモバイルブロードバンド」を開始
2007年6月
家族向け携帯電話割引サービス「ホワイト家族24」の提供を開始
2007年11月
ソフトバンクBB(株)(分社化後の現 ソフトバンク コマース&サービス(株))が厳選した携帯電話のアクセサリーや、パソコン用ソフトウエアを販売するために「SoftBank SELECTION」を立ち上げ
2008年3月
2007年度携帯電話契約数、年間純増数No.1を獲得
フルキーボード搭載携帯電話「インターネットマシン 922SH」を発売
2008年6月
ソフトバンク携帯電話とIP電話「BBフォン」との国内通話が24時間無料になる通話割引サービス「ホワイトコール24」の提供を開始
2008年7月
iPhoneの取り扱いを開始
2009年1月
ソフトバンク携帯電話の累計契約数が2,000万件を突破
2009年2月
広帯域移動無線アクセス技術であるLong Term Evolution(LTE)システムの無線実験局の免許を取得し、屋外での実証実験を開始
2009年11月
イー・モバイル(株)が3G一体型モバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi(D25HW)」を発売
2010年2月
ソフトバンクテレコム(株)がクラウドサービス「ホワイトクラウド」の提供を開始
2010年3月
「ソフトバンク電波改善宣言」を発表
第2世代携帯電話サービスを停波
2010年5月
iPadの取り扱いを開始
2010年7月
海外向けパケット定額サービス「海外パケットし放題」の提供を開始

2011年 - 現在

2011年3月
ソフトバンク携帯電話の累計契約数が2,500万件を突破
イー・アクセス(株)がイー・モバイル(株)を吸収合併
2011年8月
東日本大震災の被災地支援活動に継続的に寄付ができる「チャリティホワイト」の提供を開始
2012年2月
業界最速 ※3 のLTEデータ通信サービス「SoftBank 4G」(AXGP方式)の提供を開始
2012年5月
気球無線中継システムの実証実験を開始
2012年7月
900MHz帯(プラチナバンド)を使用した通信サービスの提供を開始
2012年8月
ソフトバンク携帯電話の累計契約数が3,000万回線を突破
2012年9月
FDD-LTE方式の高速データ通信サービス「SoftBank 4G LTE」の提供を開始
2012年10月
「コンタクトセンター・ワールドアワード2012」世界大会で「ベストコンタクトセンター」部門金賞を受賞
ソフトバンクテレコム(株)がヤフー(株)と共同でO2Oサービス「ウルトラ集客」の提供を開始
2013年1月
ソフトバンク(株)(現 ソフトバンクグループ(株))とイー・アクセス(株)の株式交換が完了し、ソフトバンクグループ傘下へ
2013年2月
ソフトバンク衛星電話サービスの提供を開始
2013年3月
イー・アクセス(株)の1.7GHz帯を活用した「ダブルLTE」の提供を開始
2013年7月
(株)ウィルコムの会社更生手続終結に伴い、ソフトバンク(株)(現ソフトバンクグループ(株))が子会社化
2013年9月
国内移動通信事業者として初めてLTE国際ローミングを開始
2014年3月
スマートフォンアプリケーションを利用した日本初 ※4 の募金プラットフォーム「かざして募金」の提供を開始
2014年4月
ソフトバンクBB(株)よりコマース&サービス事業を分社化し、ソフトバンク コマース&サービス(株)を設立
2014年6月
イー・アクセス(株)が(株)ウィルコムを吸収合併
ALDEBARAN Robotics SAS(現 SoftBank Robotics Europe)と共同で世界初の感情認識パーソナルロボット「Pepper」を発表
2014年7月
携帯電話向け新料金サービス「スマ放題」の提供を開始
Tポイントサービスの提供を開始
イー・アクセス(株)がワイモバイル(株)に社名(商号)を変更
ソフトバンクテレコム(株)とSBパワー(株)が法人向け電力小売り事業を開始
2014年8月
車載係留気球Wi-Fiシステムを開発
スプリント・コーポレーションとの共同開発モデル「AQUOS CRYSTAL」を発売
ワイモバイル(株)が新ブランド「Y!mobile」でのサービス提供を開始
2014年9月
「アメリカ放題」の提供を開始
全国の陸上自衛隊との災害協定締結を完了
2014年12月
「VoLTE」による音声通話サービスの提供を開始
海上保安庁と災害協定を締結
ソフトバンクBB(株)が、置くだけですぐつながる、使い放題の高速インターネットサービス「SoftBank Air」の提供を開始
2015年2月
ソフトバンクテレコム(株)が、日本でのIBM Watsonの開発と市場導入において日本アイ・ビー・エム(株)と戦略的提携
2015年3月
ソフトバンクBB(株)が光ブロードバンドサービス「SoftBank 光」および携帯電話とのセット割引の提供を開始
(株)Tポイント・ジャパンへ資本参加
2015年4月
ソフトバンクBB(株)、ソフトバンクテレコム(株)およびワイモバイル(株)を吸収合併
2015年5月
「モバイルeコマース革命」を発表
2015年6月
世界初の感情認識パーソナルロボット「Pepper」の一般発売を開始
2015年7月
ソフトバンク(株)に社名(商号)を変更
2015年10月
(株)ジェイティービーとインバウンドビジネスにおいて戦略的事業提携
2015年11月
ヤフー(株)、(株)ファミリーマート、(株)TSUTAYA、(株)Tポイント・ジャパンと、11月11日を「いい買物の日」に制定
2016年2月
日本アイ・ビー・エム(株)とIBM Watson日本語版を提供開始
2016年3月
人気スポーツのライブ中継が見放題の「スポナビライブ」提供開始
2016年4月
「ソフトバンクでんき」提供開始
自動運転技術を活用したスマートモビリティーサービスの事業化に向け、SBドライブ(株)を設立
2016年7月
スマホ向けオンライン証券会社One Tap BUYへ出資
本田技研工業(株)とAI分野で共同研究を開始
2016年9月
世界初 ※1 、「Massive MIMO」の商用サービスを提供開始
2016年10月
社内規程を改定し、同性パートナーを配偶者として認定
2016年11月
日本初 ※1 、「256QAM」を利用した高速通信サービスを提供開始
個人向けレンディングサービスを提供する(株)J.Scoreを(株)みずほ銀行と設立
[注]
  • ※1
    ソフトバンク(株)調べ(発表時点)
  • ※2
    現在は「ホワイトプラン」をはじめとする新料金プラン向けに発表した「新スーパーボーナス」を受け付け
  • ※3
    国内モバイルデータ通信サービスにおいて、2012年5月29日現在提供中のサービス規格として、各社の公表値および標準規格上の値によるソフトバンク(株)調べ。なお、通信速度は端末能力に依存します。
  • ※4
    日本ファンドレイジング協会調べ(2014年3月5日現在)