標準化への取り組み

次世代移動通信システムで使用する周波数や技術の国際標準化を行っている国際電気通信連合(ITU)や、次世代移動通信システムの技術仕様の策定を行っている3GPP(3rd Generation Partnership Project)に参加し、寄与文書を通して通信事業者の意見を反映させる活動を積極的に行っています。
これまで、当研究センターで開発した電波伝搬モデルをITU-Rに提案し、標準化を達成しました。無線伝送技術、ネットワーク技術については3GPPに提案を行っています。
また、このような活動に参画できる国際感覚に優れた人材の育成にも取り組んでいます。