健康的に働ける職場環境づくり

ソフトバンクグループでは、社員の健康維持・向上を目指し「心身の健康づくりに関する基本方針」を策定しています。社員一人一人が心身ともに健康であることが、会社と個人の夢・志の実現に向けた原動力であり、また社員の健康を維持・向上させることは重要な経営課題の一つと位置づけ、この基本方針をベースに様々な活動を推進してまいります。

心身の健康づくりに関する基本方針

  1. ソフトバンクグループで働く社員が、心身ともに健康で夢・志を持って仕事に取り組むことができるよう、社員一人一人の健康をサポートします。
  2. 一人一人が持てる力を十分発揮できるよう、安全で快適な職場環境の形成に取り組みます。
  3. 社内外のステークホルダーからより信頼される企業グループとなるために、労働安全衛生関連法令およびこれに関するコンプライアンスを順守します。

従業員の健康を守り、向上させる

従業員の健康を守る

社員が心身共に良好な健康状態で、能力を存分に発揮し、いきいきと仕事に邁進できるよう、医療・心理の専門スタッフが常駐する「ウェルネスセンター」と人事が連携しながらサポートしています。

主な取り組み内容(PDF形式:92.0KB/1ページ)

専門スタッフによる社員一人一人のサポート

内科・精神科の産業医や保健師、カウンセラーが、心身に関する相談をいつでも受け付けており、悩みごとの相談だけでなく、より健康的な生活を送るための食事や禁煙、一層の活躍を支援するためのキャリア面談も実施しています。

心身の健康や快適な職場づくりに関する教育研修

メンタルヘルスの基礎知識やストレスマネジメント、職場内コミュニケーションなど、予防や啓発のための研修を行っています。管理職向けに毎月開催している「休職者発生予防セミナー」は、復職者のスムーズな職場復帰や再発予防の一助となっています。

セルフケア支援およびリラクセーション

SBアットワーク株式会社が独自に開発したストレスチェックシステム「Wellness Eye」の実施を定期的に全社員に促し、セルフケアによるメンタルヘルス不調の予防や職場改善に役立てています。

また、パソコン業務などからくる全身疲労の軽減やリラクセーション目的に設けられた「マッサージルーム」にて、施術を受けることができます。

職場内の身近な相談役「ピアサポーター」

職場内の身近な相談役「ピアサポーター」

産業カウンセラーや安全衛生に関する資格をもつ社員が、一定の選考とトレーニングを経た上で、ボランティアで職場での声掛けや相談対応を行う、ピアサポーター制度を導入しています。

ピアサポーターは目印となるピンク色のストラップを着用し、活動しています。上司に相談しにくい場合や、「ウェルネスセンター」への相談を躊躇している場合に、職場内の身近な「ピアサポーター」に相談してもらうことで、体と心のトラブルの早期発見やより働きやすい職場環境づくりを図っています。

ハラスメントの防止と対策

ハラスメントのない職場づくりのために、部門別の研修やeラーニングなどにより従業員に対する啓発活動を行っています。万が一、ハラスメントに関する問題が発生した際に速やかに適切な対応を取ることができるよう、「ハラスメント相談一次対応窓口」を設置し、まずはカウンセラーが話を聴いてその後の対応を一緒に検討しています。相談内容は守秘義務により厳重に取り扱われるため、安心して相談することができます。