プレスリリース 2017年

学校向けにPepperを貸し出す
「Pepper 社会貢献プログラム2」の参加対象を
大学や高等専修学校、専門学校にも拡大

2017年12月12日
ソフトバンクグループ株式会社
ソフトバンクロボティクス株式会社

ソフトバンクグループ株式会社とソフトバンクロボティクス株式会社は、2017年8月から参加申し込みを受け付けている「 Pepper 社会貢献プログラム2 」(以下「本プログラム」)の参加対象に新たに大学や高等専修学校、専門学校を追加します。これまでは小学校、中学校、高等学校などが参加対象でしたが、ロボットと共働・共生する時代を見据え、その時代において活躍できる人材の必要性のさらなる高まりを考慮し、参加対象を拡大します。

本プログラムは、AIやスマートロボットと共生する将来の社会を担う子どもたち向けに、プログラミング教育の拡大を推進していくため、教育機関にPepperを1台当たり月額2万円で貸し出し、プログラミング教育などを通じて論理的思考力や問題解決力、創造力の育成を支援する取り組みです。

追加・変更点

変更前 変更後
参加対象
小学校、中学校、高等学校、高等専門学校、特別支援学校、その他(ソフトバンクグループが認めたその他学校法人) 小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、高等専門学校および 大学、高等専修学校、専門学校、 その他(ソフトバンクグループが認めたその他学校法人)
[注]
  • プログラミング授業を1クラス当たり授業時間数で年間270分以上(小学校で45分×6回の授業相当)毎年実施することが参加条件となります。対象条件の詳細はソフトバンクグループのウェブサイトをご確認ください。
  • Pepperの貸し出し期間は36カ月間契約となり、中途解約はできません。
  • 小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、大学、高等専門学校は、学校教育法第一条で定める学校(幼稚園除く)とします。
  • 高等専修学校、専門学校は、学校教育法第百二十四条および第百二十五条で定める専修学校(一般課程を除く)とします。
  • 学校教育法第百三十四条で定める各種学校および学校教育法以外の法律にて特別な定めのある学校(省庁大学校、職業能力開発校など)は対象としません。

参加申し込み方法

ソフトバンクグループの ウェブサイト の参加申し込みフォームで受け付けます。

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ 免責事項 につき、ご了承ください。