新学期に向けたフィルタリングサービス普及啓発の取り組みのご案内

掲載日:2017年12月20日

ソフトバンクでは、青少年に安心・安全にスマートフォンなどをご利用いただくため、さまざまな取り組みを実施しています。昨年に引き続き、ますます高まるインターネット利用における青少年の保護の必要性や、青少年インターネット環境整備法の改正の時期に向けて、また、内閣府・総務省などによる「あんしんネット 冬休み・新学期一斉緊急行動」の取り組みとも連動し、フィルタリングサービスの普及活動を展開します。店頭でのフィルタリングサービスに関する説明の徹底や啓発ツールの作成、動画を使ったフィルタリングサービスの普及活動など、当社の主な取り組み内容をご紹介します。

携帯電話事業者共通の取り組み

携帯電話事業者共同で、啓発動画を作成・配信

携帯電話・スマートフォンをより安心・安全にご利用いただく方法を紹介するため、家族間でのルール作りやフィルタリングサービス利用に関する動画を携帯電話事業者共同で作成し、店頭やウェブサイトで配信します。

携帯電話事業者共同で、啓発ツールの作成

フィルタリングの必要性の周知啓発、店頭におけるフィルタリングサービス設定の徹底を目的とした啓発ツールを作成します。

ソフトバンクの取り組み

1.フィルタリングサービスの普及および改善

①4Gケータイ、タブレットへの「あんしんフィルター」提供開始

iPhone・iPad に続き、4Gケータイやタブレット(Android版)へ向けた「あんしんフィルター ※1 」の提供を開始しています。青少年が安心・安全な環境でスマートフォンやタブレットを利活用できるように、フィルタリングのさらなる促進に努めます。

「あんしんフィルター」の詳細をみる

  • ※1

    サービスの正式名称は「あんしんフィルター for SoftBank」です。

②「あんしんフィルター for SoftBank」のスマートフォン用管理者サイトの最適化

保護者のスマートフォン所有率が高まっていることから、スマートフォンでも管理者サイトを操作しやすいように、iOS版とAndroid版共通で、スマートフォン用に最適化した管理者サイトの提供を開始しています。管理者サイトでは、お子さまの年齢に合わせた「小学生」「中学生」「高校生」「高校生プラス」の4つのフィルタリング強度の設定が可能です。また、お子さまの要望に応じて個別にサイトやアプリケーションの利用を許可することができます。

管理者サイトでの設定方法をみる

2.リテラシー向上の取り組み

①「考えよう、ケータイ」シリーズの提供

NPO法人企業教育研究会と協力して、携帯電話・スマートフォンとの付き合い方や、トラブルについて学び、考えることができる映像付き教材「考えよう、ケータイ」シリーズを、全国の小・中・高等学校などに無料で提供しています。授業・講演会後に家庭で情報共有するための配布用資料などもセットになっており、学校、地域、家庭で学んでいただける内容になっています。最新版の第4版では、青少年が多く利用するコミュニケーションアプリケーションにおける友人とのトラブルなどを取りあげています。また、誰でもかんたんに参加型の授業や講座を進行できるように、保護者・教員向けの情報リテラシー講座を開催しています。

考えよう、ケータイの詳細をみる

②地域連携の強化

全国各地で開催される青少年や携帯電話に関するさまざまなイベントにブースを出展し、携帯電話を安心・安全にご利用いただくためのマナーやルール、情報モラルを、保護者や青少年へお話ししています。また、府省庁や各地域のPTA、自治体などと連携した啓発活動を強化しています。

時期
主な連携活動
2017年5月
熊本県ファシリテータ向け研修会
8月
奈良県フォーラムブース出展
高校生ICTカンファレンス高知での講演
11月
仙台PTAフェスティバルへのブース出展
警視庁親子フィルタリングイベントへのブース出展
  • その他自治体からの要請に基づく周知開発協力を実施。

また、上記以外にも、情報通信の安心・安全な利用のための標語活動への参画や、総務省、文部科学省が推進する啓発教育「e-ネットキャラバン」に社員が講師となって参画し、全国の学校などで研修会を行っています。今後もこれらの取り組みを継続し、青少年の健全なスマートフォンやインターネットなどの利用環境整備を図ってまいります。

関連情報

「あんしんネット 冬休み・新学期一斉緊急行動」の取組み(総務省)をみる

「新学期に向けたフィルタリングサービス普及啓発の取り組みについて」(電気通信事業者協会)をみる

「いつも安心・安全を」ソフトバンクの取り組みをみる